2019年4月お花見

先週末お花見がありました。
ペパボでは有志チームが毎年お花見を企画してくれています。
天気良しで、桜のピーク時に開催となり過去5年の中で、最高のお花見でした!

去年との比較

色が全然違う!

この記事をシェアする。

2019年4月社内の慰労会

GMOペパボでは、毎年4月に四半期報告会と慰労会を開催しています。

慰労会は、第1四半期に頑張ったスタッフの慰労と、普段接することが少ない他部署のスタッフとの交流を即すことを目的としています。ちなみに、昨日時点でペパボは400人のスタッフ、1月以降ペパボグループに入社された方は59名。GMOクリエイターズネットワークのJOIN新卒の入社もありました。

2年前から慰労会のコンテンツ企画を手伝っており、昨日の慰労会でも有志メンバーでコンテンツの企画をしました。

 

用意したコンテンツは 意外な共通点を探せ ゲーム

ランダムになるよう社員番号下一桁で、テーブル分けをして、テーブルに座ったメンバー全員に共通する共通点を探すというゲームです。

「膝が悪い」「自分のサインを練習したことがある」「同性とキッスをしたことがある」などの共通点が見つかりました。

上記のゲーム終了後は、幾つかのテーブルをトークテーマを設定したテーブルとして残しました。「Youtuber」「国内旅行」などが好きな人がそのテーマにそって会話するテーブルとして用意。

僕のイチオシテーマ「有給を1日使ってリフレッシュする方法」のテーブルは、進行者がいない中、会話を成立させる難易度が高かったのか、全く誰からも興味を持たれなかった…

ガラガラのテーブル… 進行者がいたらテーマ自体は盛り上がると期待しているので、別のランチとかの機会を作って、興味ある人と話したりしたい。社内の人で興味ある人がいたら slackで声かけてください!

 

 

交流するきっかけがあると、その後の会社生活や業務を進める上でも良いことがあったりすると思っているので、今後も社内の交流を活性化するイベントに協力していきたいです!

 

過去の慰労会コンテンツ

2017年

http://atk1983.jugem.jp/?eid=871

2018年

https://www.slideshare.net/atakah/2018-93887902

この記事をシェアする。

canvath PR担当の募集がはじまりました。

canvath PR担当の募集がはじまりました!

GMOペパボ コーポレートサイト 採用情報

canvathは、昨年他社から事業を譲り受けて、ペパボで運営を開始しました。ショップオーナー向けのサービスのため認知度が低いのと、canvathを利用いただいている方でも、ペパボで運営していることが、あまり知られていないようなので、こちらでSUZURIとcanvathの違い、サービス特性などを紹介してみます。

現在、SUZURI事業部ではSUZURIとcanvath、2つのアイテム作成サービスを運営しています。

1.SUZURI

https://suzuri.jp/

SUZURIは、クリエイターが簡単にアイテムを作成・販売できるプラットフォームで、マーケットプレイス型のため、作成されたアイテムは、SUZURI上で販売され購入者への販売・発送・サポートもSUZURIが行っています。

ビジネスモデル

2018年12月期第1四半期 決算説明会資料 37P

 

2.canvath

https://canvath.jp/

minneなどのマーケットプレイス、BASE、Stores.jp、Booth、カラーミーショップなどのネットショップサービスを利用しているショップオーナー(クリエイター)がアイテムの作成、仕入れを行うサービスです。

無料で登録ができ、アイテムの作成ができるところまではSUZURIと一緒ですが、アイテムを販売する場所は、外部サービスで、販売主体もショップオーナーになります。

購入者と直接やりとりしたい、ショップ、ブランドのファンを集めたいという方が多いです。

受注後は、canvathで出荷指示をすると、工場から購入者の元へ直接発送します。

ビジネスモデル

両サービスの規模感

決算説明会資料 27P

※SUZURIの売上=SUZURIの流通額(注文金額)からクリエイターさんのトリブンを引いた金額になります。
canvathの売上=ショップオーナーが仕入れに支払った金額になります。

両サービスともネットで商品を売りたい人(クリエイター、ショップオーナー)を増やすために、生産できるアイテムの品質を上げたり、アイテムの種類を増やしたりといった活動は共通しています。

SUZURIは、クリエイターにとってより簡単にかっこよいアイテムが販売でき、購入者を増やす活動も進めています。

canvathは、ショップオーナーがブランディングによりこだわれるように、アイテムのカスタマイズ性なども充実させていきたいと考えています。現在、スマートフォンケースが売れ筋ですが、アパレルを強化し、オリジナルブランドを作りたい人にも選ばれ、他でアイテムを生産するよりも、ショップオーナーがより便利にコスパが高くショップ運営できるサービスを目指していきます。

組織

2018年12月期 第3四半期 決算説明会資料 24P

2018年上期まで、SUZURIとcanvathは小規模のチームで運営をしてきました。18年夏頃からサービスの成長スピードを高めるべく、組織を強くするための採用活動をはじめたり、社内の体制変更で異動などもあり7月に事業部化するタイミングでは20名、19年2月現在約25名規模になりました。

canvathの専属担当は、プロダクトオーナー1名(他チームからの異動)、エンジニアとデザイナーはSUZURIと分業で、今現在は関わる人が少ないチームとなっています。

募集をはじめたPR担当について

職務内容
オリジナルグッズ作成サービス「Canvath」の新規利用者拡大のための広報・PR、ディレクション業務を担当していただきます。

具体的には…
・ブログ、SNS、プレスリリース等による情報発信
・サービス認知拡大のためのPR戦略

上記に記載したとおり、現在「Canvath」のチームは少数精鋭のため、多岐にわたる業務をご担当いただきます。その分、裁量も大きく、サービスの成長角度を大きく伸ばしていくフェーズのため、やりがいのあるポジションだと思います。主体的にサービス運営をしていただける方のご応募お待ちしております!

必須・歓迎スキル、求める人物像などは、募集ページをご確認ください!

GMOペパボ コーポレートサイト 採用情報

応募するかどうか、一度話を聞いてみたいという方がおりましたら、Twitterか何かしらの手段で私までご連絡ください!

この記事をシェアする。

2019年2月個展へ行く

SUZURIのイベントキットでサポートしている2つの展示イベントに行ってきました。

1つ目 仔羊めえさん、ban.さんの二人展

仔羊めえさん https://www.instagram.com/meeesuke_/
ban.さん https://www.instagram.com/_i_ban_/

 

2つ目 白水 桃花さん個展

白水 桃花さん https://www.instagram.com/nemuiasaa/

 

View this post on Instagram

 

SUZURIのイベントキットサポート 白水桃花さん @nemuiasaa の個展へ momoka shiramizu⠀ ‪3rd solo exhibition‬ _ calm down⠀‬ ⠀ ‪2019.02.16 – 02.17‬⠀ ‪MITSUME 清澄白河⠀ ⠀ OPEN 12:00 – 19:00⠀‬ 写真作品とっても素敵でした。 #19歳さいごの日 のシリーズが僕は特に好きです! その他、ハンドメイドアクセサリー、SUZURIのアイテムなども展示、販売されています。 清澄白河、お洒落なカフェなども沢山あり、4枚目は帰りに立ち寄ったカフェ fukadaso cafe。子連れにも親切で居心地とても良かったです。 土日散歩行くエリアを探されてる方などにオススメです〜! #suzuri #清澄白河 #fukadasocafe

hiroshi atakaさん(@ataka)がシェアした投稿 –

 

白水桃花さんの個展の後、清澄白河をぶらぶらしてたどり着いたfukadaso cafeが、とっても居心地が良かったです!

Processed with VSCO with au5 preset

外観もカッコ良い!

この記事をシェアする。

2019年2月箱根旅行

2泊3日の温泉旅行へ

1日目

2日目

雪もふって景色も最高でした。

この記事をシェアする。

1月26日いぬ山わん子さん、モニョチタポミチさんに息子の似顔絵を描いてもらった。

1月26日に、いぬ山わん子さんの個展と、テサフェス2.5に行った。

いぬ山わん子さん個展

 

 

 

テサフェス2.5

 

息子の似顔絵2つも描いていただけて良い日でした。

この記事をシェアする。

5年振りにスーツを新調。FABRIC TOKYOでオーダーした話

5年振りにスーツを新調しました。中間業者を介さずリーズナブルな価格でオーダーメイドスーツが作れるアパレルD2Cサービス「FABRIC TOKYO」を選びました。

FABRIC TOKYO

太ってスーツがサイズアウトしてしまった

仕事でスーツ着る機会が年数回しかなく、学生時代のリクルートスーツ購入以降に20代の頃に一着購入したものを、しばらく着ていました。33歳を過ぎたあたりからお腹周りが太り始めて、体型が変わり持っていたスーツがサイズアウトしてしまったので、痩せる or スーツ新調で検討した結果、スーツ新調を選びました。

ZOZOSUITじゃなくてFABRIC TOKYOを選んだ

ZOZOSUITがスーツに対応したタイミングで、購入を検討していたのですが、体型の測定が上手くいかなかったのであきらめて、ネットでスーツを少し探していた中で、ウェブサイトが格好良かったのと、コンセプトに惹かれたFABRIC TOKYOに決めました。アパレルD2Cの文脈で色々情報発信されているのもいいな!と好きになりました。

FABRIC TOKYOコンセプト

FABRIC TOKYO店舗スタッフのコーディネーターさんのアドバイスがとても良かった

渋谷MODIの店舗に行って、体のサイズを測ってもらったりしていたのですが、実店舗ならではのオーダースーツ注文のメリットを感じました。

僕はスーツの流行や常識といった知識を全く持っていないのですが、スタッフの方に「仕事でも結婚式でも使えてベーシックなスーツが欲しい」とリクエストをしたところ、色とパターンのみならず、細かいサイズ感の違いで「お硬いビジネスシーンに丁度良いものか、遊びを効かせて大丈夫なシーンで流行を抑えたもの、どちらが良いか?」といった利用シーンを選びながら、裾の丈の長さの調整や、幅のサイズ感、裏地の色など、スーツ素人の自分にもわかりやすくアドバイスしていただけました!

 

FABRIC TOKYOの店舗では専門のコーディネーターがお客様の体型の癖も考慮して採寸し、お客様ひとりひとりのライフスタイルにあわせた着こなしをサポートします。

HPで上記のように紹介されているのですが、まさにそのような体験ができました。ZOZOSUITは使えなかったので商品の比較はできませんが、プロ相手に細かいニュアンスの相談ができるというのは、安心しながら注文できました。

ちなみに、採寸にかかった時間は60分位で、予約せずに訪問してたまたま空いたのですぐに相談にのってもらえたのですが、行くなら予約した方が良さそうです。

届いた

注文後1ヶ月半くらいで届きました。

商品と一緒に、「届いた後に2ヶ月以内であれば、お直し無料」の案内も入っていました。

試着してみたところ、太ったお腹周りにもジャストFIT!で着心地がとても良かったです。

値段

スーツ 61,800円
シャツ 7,800円

 

まとめ

店舗のコーディネーターさんに相談にのってもらいながら、非常に満足度の高いオーダー体験ができました!届いた商品にも満足しています!(まだ試着しかしていませんが!)

 

この記事をシェアする。

動画からレンチキュラーカード作れるPopsを注文してみた。

3Dプリントカード(レンチキュラーカード)を作ってみた。

ここで作れます。
Pops

アプリからカード届くまでのUXがとっても楽しかったです!

クリエイターさんからレンチキュラーカードの要望もたまにいただくので、いつかSUZURIでも簡単にカード作れるようになったら良いな〜

この記事をシェアする。

slack活用Tips:DMからパブリックチャンネル #talk 活用でホウレンソウが便利に!

slack 利用時に、DMではなくて、パブリックチャンネルで連絡をやりとりすることで、新たに招待したメンバーに、過去のやりとりを共有する手間を解消できるというTips記事です!

経緯

社内のslackのメンバーが300人を超え、複数の部署やチャンネルができました。

普段、連絡のやりとりが多いチームのメンバーとは、チーム用のパブリックチャンネルでやりとりをしていますが、他部署の複数人に連絡する際、連絡したいメンバーが集まっている丁度良いチャンネルがなく、DMで個別に連絡するということが増えてきました。

DMでやりとりをしていると、途中で別のメンバーを招待したり、共有したい時に、非効率だなと感じていました。

それらの不便さを解消するために、試しに #talk という部署を超えた連絡・相談用のパブリックチャンネル作ってみたところ、安定して利用されるようになり、多少生産性を上げることができたのでTipsとして紹介します!

before:これまでの非効率なやりとり例

DMでカービーからピカチュウに相談、ピカチュウはわからなかったので、マリオをDMに招待。

過去のDMのやりとりの情報をそのままシェアすることができないので、メッセージをコピペしたりして、事前のやりとりを共有する必要がある。

上記くらい単純なやりとりであれば、そこまで手間じゃないですが、DMで連絡のやりとりをしていると

DM上で3人で5回位やりとり→ 1名新たに招待して、過去のやりとりを共有 → 更に1名新たに招待して、過去のやり取りを共有。

上記のような不毛なやりとりも発生していました。

after:パブリックチャンネルで連絡をやりとりすることで、過去のやりとりを共有する手間を解消!

チャンネル名は、何でも良かったのですが、シンプルに#talkしてみました。

パブリックチャンネル #talkで必要な人にメンションを飛ばして質問。

続きはスレッド上でやりとり。パブリックチャンネル #talkに参加していないメンバーの場合は遠慮せずに招待する。

招待されたマリオは、過去のやりとりをそのまま読んで質問に回答ができる。

以上

複数人で長々とやりとりが発生した後に、別のメンバーを招待して、やりとり確認してもらいたい時に、効果が確認できると思います。

似たような部署を超えたやりとりのslackの他社事例があれば知りたいです。

 

弊社その他のslack利用例

・全員参加が必須の#generalは別の名前に変更して、社内への確認必須の周知チャンネルとして活用している。

・業務のやりとりは、サービス毎のチャンネルでやりとり、部署の人数が2,30人くらいだと、チャンネル一つで丁度良いが、50人を超えると、#service_dev #service_design 等の職種毎のチャンネルでやりとりする例も。

・突発的なプロジェクトが発生する場合は、その都度チャンネルを立てて、プロジェクトが終わったらアーカイブしている。

・センシティブなやりとりは、プライベートチャンネルを利用しているが、プライベートチャンネルの新規作成は、承認が必要。極力パブリックチャンネルの利用を推奨している。

・一時期SNS上でも話題になった、分報をみんなやってみるブームもあったが、100人の分報が存在して、それらをチェックしていたりすると業務の生産性が落ちたので、分報は廃止された。

その他、部署毎のローカルルールがたくさんありそうです。

他社のslack活用事例も知りたかったりするので、クローズドなゆるい情報交換会などをしたい。 (そのようなslack大好きな方おりませんか〜??もしおりましたら、コメント欄かTwitterで反応いただけると嬉しいです!)

この記事をシェアする。

部長嬉しかったアワード2018

こんにちは、GMOペパボで、SUZURIの事業部長・プロデューサーを担当している安宅(あたか)です。

今回のエントリーでは、2018年SUZURIを運営する中で印象的に残った出来事、感動した出来事をサービス非公式の個人的アワードとしてご紹介いたします!

 

 

 

このエントリーは、Pepabo Managers Advent Calendar 2018の12月12日エントリーとなります。
13日はSUZURIのエンジニアテックリードくろ君、14日はマネージャーすっしーのエントリーがあります。

この記事をシェアする。

親バカグッズ 息子Tシャツを作って着てみた。

上記、ツイートを拝見し、素敵だな〜と思いました。

僕も親バカTシャツを作ったので紹介します。

 

元画像

先週注文していたTシャツが届いたので、はりきって週末開催された Design Scramble LT登壇で着てみました。

 

 

拡大した写真

大半の方はリアクションに困る、一部の方から失笑という感じでしたが

親バカなので、他にもグッズを作っています!

最近新調したMacbookPro(社用)

通園バッグ

クリエイターさんデザインのトートバッグに、息子缶バッジをつけていて、保育士さんに笑われました。

 

子供の写真で親バカグッズを簡単に作れるので、我こそは親バカ!という方、是非SUZURIで親バカグッズを作ってみてください!

この記事をシェアする。

2018年11月15日 PGC

11月14〜15日は、PGC(Pepabo Growth Camp)に参加しました!

ケンタロさん(社長)のツイート↓

僕は、来季のSUZURIの方針と目標について発表したり、後半は事業成長、組織成長についてディスカッションをしたりしました。

ペパボでは、毎年11月頃に、役職者が集まる合宿があります。僕は2009年から毎年参加していますが、会社規模の拡大に比例して、参加人数も毎年増え、議論内容も変化してます。

ディスカッションも有意義ですが、その後の懇親会や宴会でも、普段以上に事業やマネジメントについて深い話ができて、新たな視点や刺激をもらえて、とても楽しみにしています。

 

この記事をシェアする。

2018年11月熱海

熱海ふふ 良い宿だった〜 また行きたい!

この記事をシェアする。

SUZURI近況 18年10月

10月30日第3四半期決算発表がありました。

SUZURIの成長度合いと、チーム体制のパワーアップについても触れられているので、こちらにも掲載しておきます!


クリエイターさんのおかげでSUZURIも順調に成長しており、新たな付加価値創出にも挑戦できます!

近日新アイテム&ご要望を多く頂いてたアップデートもあるので、ご期待ください!

 

GMOペパボIR情報はこちら

この記事をシェアする。

テサインフェスタ開催とSUZURIのイベントサポートについて

10月13日14日に開催された人気クリエイター18名参加のイベント「テサインフェスタ(テサフェス)」と、nsnさんの個展「好きになってね」を、SUZURIでサポートしました!

テサフェス


SUZURIはイベントスポンサーとして会場費と、当日会場に展示するアイテムなどをサポートいたしました。運営にご協力いただいたきくちゆうきさん福留茜さんには本当に感謝しています🙏

これまでSUZURIで仲良くさせていただいてたクリエイターさんを中心に18名の人気クリエイターさんに参加していただき、両日あわせて約1,100名のお客様に来場していただけました!

参加されたクリエイターさんは、作品/アイテム/グッズ販売の他、似顔絵を描いていた方が多かったです。 来場者のSNSの反応や、参加いただいたクリエイターさんの満足度も高く、サポートできた僕らも嬉しかったです!

打ち上げも色々お話できてめちゃ楽しかったです😊

テサフェスに参加いただいたクリエイターさんの情報は以下SUZURIのジャーナルでご紹介しています!

テサフェスの様子やイベントサポートの今後については記事の続きを読む以降に記載

nsnさんの個展「好きになってね」

SUZURIクリエイターのイベントをサポートさせていただく取り組み SUZURIのイベントキットの第1弾としてnsnさんの個展「好きになってね」の運営サポートをしました。

 

 

シークレットイベントも盛り上がっていました!

イベントスペースは、SHOPCOUNTERさんにご協力いただきました。

nsnさんの個展は、テサフェスと同日開催で会場も近かったので両イベントで相互に来場者にフライヤーを配ったりしました。

以下、テサフェスの様子とSUZURIのイベントサポートの今後について

“テサインフェスタ開催とSUZURIのイベントサポートについて” の続きを読む

この記事をシェアする。

2018年10月4日

9月に新しいメンバーも加入して人も増えました!

最近は来季以降の計画を練っています。やっていくぞ!

この記事をシェアする。

SUZURI事業部化!オンデマンドECやクリエイター支援領域のパートナーも探しています!

7月にSUZURIが事業部化しました!

(ということをブログに書こうと思っていたら1ヶ月以上経過してしまったので、SUZURI Peopleがオープン化となったこのタイミングで)

SUZURIの事業部化について

2014年4月にスタートしたSUZURIですが、これまでは、EC事業部の中で複数あるEコマース支援サービスの一つというポジションで、チームメンバー3〜6人くらいの体制で長いこと運営をしてきました。

直近、SUZURIが多くのクリエイターさんにご利用いただいた結果、そこそこ調子良く成長しはじめたり(決算資料28P以降)、4月に同業種オンデマンドECの canvathを他社から譲り受けてSUZURIと一緒に我々で運営することになったり、海外のオンデマンドECサービスや同業種の市場が拡大傾向の中、会社としてもSUZURIをもっと育てていくための投資をするぞ!という判断をしてもらい、チームから事業部にパワーアップしました!

チームの時のメンバー

↓↓↓

SUZURIチームとSUZURI Peopleチームが統合されたり、他部署からの異動があったりして、バンドからサーカス団くらいの規模になりました。9月からさらに5名加入。

↓↓↓

 

僕の役割

2007年にペパボに入社してから、EC事業部一筋でネットショップASP「カラーミーショップ」、ショッピングモール「カラメル」の運営に関わってきました。 13年からは「カラーミーショップ」のマネージャーを担当し、並行して14年に「SUZURI」の立ち上げ、17年に「カラーミーリピート」の立ち上げ、その他にも立ち上げから撤退等、各サービスの事業戦略を考えたり、方針を決めたり、チームのマネジメントをしてきました。

「SUZURI」が事業部化した7月から「SUZURI」に100%注力するSUZURI事業部の部長・プロデューサーとなり、「SUZURI」「canvath」「SUZURI People」をより魅力的なサービスにしていくための種まきをしています。

今後挑戦していきたいこと

挑戦したいことはたくさんありますが、年内はクリエイターさんが販売できるアイテムの種類を豊富にしたり(どこでも作れるものを闇雲にたくさん追加するのではなくてワクワクできるものを品質にこだわってやっていきます。)、iOSアプリもパワーアップしていきます。

来季以降は、SUZURIのクリエイターさんが販売してくれたアイテムがもっとSUZURI上でたくさん売れる、購入者にとっても素敵な作品、アイテムとより出会えるような最高のサービスを目指してやっていきます!

一緒にサービス運営を盛り上げてくれる仲間や提携先もさがしています!

上に記載したい挑戦したいことの他にも、まだ計画に落とし込めていない挑戦したい領域がたくさんあります。クリエイターさんやユーザーから要望をいただくもの優先順位の問題や、そもそも今僕らのチームが持っていないノウハウや技術が必要で実現までに時間がかかるものもあります。

シルクスクリーンプリント、クリエイターにとって利益率が高いロット生産、パターン作りから可能なアパレルブランド立ち上げ支援、他の人が作れないオリジナルティある商品の企画・販売支援、日本全国の良質なアイテムを生産できる方達とのネットワーク構築と受発注から生産の効率性を高めるインフラ技術、生産ラインのクラウド化、IoTアイテムの開発、クリエイターの展示やイベント出展リアルな活動の場の提供支援、個人で活動している人のマネジメントやクリエイティビティが必要とされない事務手続きのお手伝い、購入者がより気軽に安心して、もっと楽しくお買い物できるUX、早く手に届く配送、海外への販売、海外のECサービスとの連携 etc…

SUZURIをもっと多くの方に使っていただき、多くの方に喜んでもらえるサービスにしていくために、一緒に働くスタッフと、一緒に事業を協業していけるパートナーを募集しています!

 

SUZURIで募集している職種の情報はこちらから

エンジニア、デザイナー、CS、来週あたりに企画営業・ディレクターの募集もはじまります。

 

オンデマンドECやクリエイター支援の他に、上記に記載しているような領域が得意な方で一緒に何か取り組みができるかもという方がおりましたら以下のいずれかにお気軽にご連絡ください!

support@suzuri.jp

https://www.facebook.com/atakah

twitter atakaP

以上!

 

この記事をシェアする。

2018年7月石垣島と小浜島 家族旅行

先週はお休みをいただき(※)、月曜日から4泊5日で石垣島と小浜島へ家族旅行へ行ってきました😊

はじめての沖縄とっても良かったです!

※弊社では、勤続10周年のお祝いとして5日間のお休みと30万円をもらえる福利厚生があり、そのお休みを利用して家族旅行へ行ってきました✈

続きを読む以降に写真を貼っておきます。

“2018年7月石垣島と小浜島 家族旅行” の続きを読む

この記事をシェアする。

息子、はじめてのカレー

今日は妻が夕方から予定があったので、在宅勤務で保育園のお迎え担当。

お昼は近所のカレー屋さんへ行きました。久々だったので楽しみにしていたのですが、臨時休業でした😂

保育園お迎えの際、保育士さんから「そろそろ1歳になるので、牛乳を少しずつ飲ませてみてください。シチューやカレーにいれると良いです。」と言われたので、買い置きしていたカレー(信頼の和光堂レトルトの)を息子に食べさせてみました。

 

はじめてのカレー

hiroshi atakaさん(@ataka)がシェアした投稿

最初は嫌々でしたが、途中からカレーの美味しさに目覚めたかも!?

もう少し大きくなったら、アンパンマンの甘口カレーを食べたりするようになるのかな、成長に比例して大丈夫な辛さのレベルも上がっていくのが楽しみです🍛

この記事をシェアする。

SUZURI ライブペインティング作品

Twitterプロフィールページのヘッダーにも使わせてもらっている絵。

めちゃ素敵じゃないですか?

minneのハンドメイドマーケット2018 SUZURIブースで3名のクリエイターさんにライブペインティングしていただき完成した1枚です。

全体像

原画は、本企画を担当したSUZURIスタッフ 石飛キャベツが調整して、社内の会議室に飾りました!

今後社内にクリエイターさんの作品を増やしていきたい!

以下は原画の説明

▼ライブペイントに参加していただいたクリエイターさん (TwitterへのリンクとSUZURIに登録していただいているアイテムへのリンクを掲載しておきます。)

あけたらしろめさん

 


さめほしさん

 


majoccoさん

 

SUZURIのジャーナルでは、当日のライヴペイントの様子を紹介しています!

ライブペイントのレポート記事

 

この記事をシェアする。