定期販売に特化したサービス「カラーミーリピート」リリース

メンドウな手続き不要、10分で定期販売をスタートできる「カラーミーリピート」を、11月20日(月)にリリースしました🚀
 
カラーミーリピート
 
定期販売事業者のニーズと「カラーミーショップ」で培ったノウハウを活かし、EC事業者がより簡単・手軽に定期販売を始めていただけるサービスとなっています!
 
 
最高なメンバーが集まり6月からプロダクト開発を進めていました!
 
サブスクリプションコマース業界で最もイケてるサービスを目指してやっていきます!!

この記事をシェアする。

愛犬の写真を可愛いイラストに!オーダーメイドのグッズ製作!?

愛犬の写真を送ると可愛いイラストのグッズ製作をオーダーメイドで依頼できるサービスをしているクリエイターさんがSUZURIにおりました。
https://suzuri.jp/KAKO
『レモンのれ』さんに、実家の愛犬 ポコちゃんのグッズ製作をお願いして、母親にプレゼントしました!
手順
1.母親に愛犬の写真を送ってもらう。
現在ポコちゃんは16歳でだいぶ高齢なのですが、母親に連絡したところ、昔の小さかった時の感じでグッズにして欲しいとのリクエストをうけたので、昔の写真を送ってもらいました。
※プリントされた写真をスマホで撮影してもらったのですが、ガビガビなので、今後の未来の為にも極力解像度高い写真データを、永久に保存させる方法を模索したいなと思った。
2.オーダー
『レモンのれ』さんのHPから、お問い合わせ。
メールで写真データをお渡しし、希望のイラストのテイスト等をお伝え。
グッズの色等もメールでご相談させていただきました。
3.SUZURIで注文
デザイン確定後、『レモンのれ』さんSUZURI店にグッズを登録していただき、SUZURIで注文。
登録していただいたグッズの一例↓
手帳型スマホケース、Tシャツ、ステッカー3種類を依頼しました。
4.母親に送付
別の商品も同じタイミングで注文していたので、一度自分が受取、写真を撮影してから母に郵便で送りました。
プレゼントの場合は、発送先に送りたい人の住所を登録しておけば、SUZURIの場合送料500円で送れます!
『レモンのれ』さんには、とってもご丁寧に対応していただき感謝! 可愛いグッズが届いて母も喜んでおりました!
愛犬のグッズが欲しい方にオススメです!
https://suzuri.jp/KAKO
『レモンのれ』さんのHP

この記事をシェアする。

WEAR YOU ARE

dot by dot inc.さん×フューチュレックさん×RESTECさんと「SUZURI」がコラボしたヤバイ奴が先週リリースされました‼️ 
 
 
 
https://wearyouare.jp/
 
楽しいので是非遊んでみてください!
6月16日(金)23時59分まで、全品1,000円の利益度外視セールも開催しています。ご購入していただける方はお早めに!
 
 
 
作ってみた↓
!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=”//suzuri.jp/thirdparty/widgets.js”;js.charset=”utf-8″;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,”script”,”suzuri-widget-script”);
!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=”//suzuri.jp/thirdparty/widgets.js”;js.charset=”utf-8″;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,”script”,”suzuri-widget-script”);
 
 
SUZURIを活用したコラボ企画を「Dancing with Ninja」と題し(僕案の ×手裏剣コラボシリーズ という名称はチームメンバーに却下されました。)を推進してまいります。
ご関心をお持ちの企業・クリエーターの皆様お気軽にご相談ください!
APIもあります。 https://suzuri.jp/developer
 

この記事をシェアする。

プロダクトマネージャーコミュニティのオフ会で組織作りについてLTしてきた

プロダクトマネージャーコミュニティProduct Managers Japanのオフ会 
pmjp.slack.comオフ会#9 でLTしてきました!
個の強みを伸ばす組織作り 成功と失敗の振り返り #pmjp LT資料 from Ataka Hiroshi
 
事前にpmjp.slack.comでトークテーマについてアンケートとったところ、最初に話そうと考えていた話題よりも、上記の話題の方が聞いてみたいという方が多かったので、個の強みを伸ばす組織作りという内容でLTしました。
発表方法や資料の表現には多々課題があるなと感じましたが、LT後の懇親会で、話していた内容について、結構ポジな反応をいただけて、同じような課題感をもつ仲間が社外にもできた気がして嬉しかったです。
 
LTきっかけで、今度社外の同じような立場の人とも情報交換会することになったので、継続的に情報発信しつつ、社外の知見もとりいれて、組織運営をどんどん良くしていきたいです!

この記事をシェアする。

【スーパーアタカクイズ】都内人気エリアの飲食店を予想して競え!

先日、東京オフィスで働くスタッフ向けの慰労会の中で、スーパーアタカクイズというお楽しみコンテンツを企画しました。
 
慰労会の目的の一つに、普段交流が少ない他部署の人と交流してもらって、仲良くなってもらう機会を作るという目的があったので、チーム分けを誕生月毎に12チームに分けました。(だいたい1チーム10〜15名)
 
一つのお題に対しチームで相談し回答を決めて他チームと競った結果親睦を深めてもらうことを狙って、以下のような企画にしました。
 
 
スーパーアタカクイズ2017 ”都内人気エリアの飲食店を予想して競え!” from Ataka Hiroshi
 
以下が優勝した11月チーム。おめでとうございます!
 
 
クイズは概ね好評で、部署を超えた交流も生まれていたようで開催してよかったです!
 
機会があれば、また来年やります!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
過去に実施したクイズも、以下の記事で紹介しています。
宴会お楽しみコンテンツ スーパーアタカクイズとは? | ATKブログ

この記事をシェアする。

カラーミーショップ大賞2017開催!サービスもっと良くしていくぞ!という熱量がさらに上がりました!

23日に、創意工夫を凝らしたネットショップを発掘・表彰するコンテスト『カラーミーショップ大賞2017』を開催しました!
 
大賞はBALANCE STYLEさんでした㊗️
 
 
懇親会でお話させていただいたショップオーナーの皆様それぞれに、ネットショップを開設や起業した理由があり、事業を成長させるために様々なハードルを乗り越え努力を継続されていました。
ショップ運営に込める熱い想い、お買い物していただいているお客様や、日々一緒に働いているスタッフや心の支えになっている家族への感謝のお話をお聞きし、皆様の事業や活動をもっと盛り上げていけるように、カラーミーショップをより良いサービスに成長していかなくてはと、身が引き締まりました。
 
授賞式に参加していたスタッフも皆、閉会後にサービス運営に対する熱量が上がっているのを感じたので、最高のサービスを提供していくためにやっていくぞ!という気持ちで一杯です。これからもサービスをよりレベルの高いものにしていけるようにEC事業部スタッフ一同で頑張ります💪🔥🔥🔥
 
カラーミーショップ大賞2017の様子
 
 
カラーミーショップ大賞の写真はこちらアルバムでご覧になれます。
 
 
 
 
今回授賞式にご参加いただいたショップオーナーさんが、Twitter、ブログ、Instagramに写真を投稿してくれていたのも嬉しかったので貼っておきます。
 
本当にたくさんの応援、ご協力ありがとうございました😭😭❤❤❤🎉🎉🎉🎉🎉
*#カラーミーショップ大賞 #カラーミーショップ大賞2017 #balancestyle #バランススタイル #本当にありがとうございました pic.twitter.com/u1iMqx6fDc
— バランススタイルBALANCESTYLE (@balancestyle) 2017年5月23日
なんか米俵人気だな。
ボクより人気だな(笑)
授賞したお店さんと仲良くなれたりが嬉しいね♫それにしても、カラーミーのスタッフさんみんないい人多いー!#カラーミーショップ大賞2017 pic.twitter.com/H4o2nuR262
— お米と雑穀のお店 オコメン 石川紘史 (@okomen88) 2017年5月23日
カラーミーショップ大賞の地域賞を受賞しました!
ページのデザインしてくれた佐藤さん(@awa3bon )とお揃いで半田そうめんTシャツ!(笑)#カラーミーショップ大賞2017#半田そうめん pic.twitter.com/83hvcrpvGn
— 白滝製麺 森岡さん (@shirataki_co) 2017年5月23日
ネットショップを始めて17年。まさかこんな晴れやかな舞台に立てる日がくるなんて!#カラーミーショップ大賞2017 おかげさまで地域賞をいただきました。
これからも皆さんに喜んでいただけるサイトを目指してがんばります!
今後とも宮崎上水園をよろしくお願いします。 pic.twitter.com/QmUWm2GLtB
— 宮崎上水園 バイオ茶 (@kamimizuen_com) 2017年5月23日
ネットショップ大賞の授賞式でした!お陰様で、地域賞を頂きました!ありがとうございます。
色々な方とお話出来て楽しかったです。
来年も頑張ります!#カラーミーショップ大賞2017 #おふやhttps://t.co/313IQZWOOc pic.twitter.com/bz8RcR6knt
— ofuya (@OFUYAcom) 2017年5月23日
まさかの優秀賞!!
いただきました✨✨#カラーミーショップ大賞2017
全国45,000ショップの中から、10ショップに与えられる優秀賞を受賞しました!!
いつも応援してくださる皆様のおかげです☆
本当にありがとうございます😆🌈 pic.twitter.com/2ummvCYgJV
— nunocoto(ヌノコト) (@nunocoto) 2017年5月24日
Good Team😊
佐山祐太 / SAYAさん(@sayama_yuta)がシェアした投稿 – 2017 5月 24 6:57午前 PDT
・ みなさまに応援していただいた 「カラーミーショップ大賞2017」で な、な、なんと優秀賞を受賞しました!!! 本当にビックリしました!!! ・ オンラインショップ最大手カラーミーさんの全国45,000ショップの中から42のショップが受賞式に招いていただいたのですが、いつまでたっても、どの賞にも呼ばれないので、「ここにいる全員が選ばれるわけじゃないのかな…」と、手は緊張で冷たくなるは、ドキドキが不安に変わるはで、のはら家みんなでざわついていたところ、優秀賞の最後に呼ばれました! 突然のインタビューに緊張して うまく話すことが出来ませんでしたが、取材の時には熊本地震からのストーリーやみなさんへの感謝の気持ちを伝えることが出来ました。 6つの審査基準の1つは、間違いなくみなさまに応援していただいたことです!他の優秀賞のショップの方々に比べたら、私たちがそこにいることが不思議で仕方ないくらいでしたが、SNSを通じて私たちの思いや行動して来たことが皆さまに伝わっていることを実感できた最高の日でした! これからも繋がりのあるすべての方々に感謝をしながら、美味しくて安心して食べられるものを作っていこうと思います! これからも、のはら農研塾をよろしくお願いいたします!!! ・ ・ ・ #カラーミーショップ大賞2017 #優秀賞 #感謝 #のはら農研塾
のはら農研塾さん(@nohara_nouken)がシェアした投稿 – 2017 5月 23 7:00午前 PDT
Repost from @yuyaqaz @TopRankRepost #TopRankRepost . カラーミーショップ大賞🏆特別賞🎊新人賞🎉頂きました🙏 サイトの立ち上げからお世話になっている@mizukamiryouhei君と一緒に行って来ました👌 これからもW N.Y.C.のWEBSHOP をお願い致します🕺🏽 #wnyc #nexxdesign #カラーミーショップ #カラーミーショップ大賞2017 #webdesign #webshop #website
🗽W NYC🗽さん(@wnyc_official)がシェアした投稿 – 2017 5月 23 6:07午前 PDT
みなさまの応援のおかげで、カラーミーショップ大賞2017・にっぽん文化奨励賞をいただくことができました!今後とも精進します! #和ろうそく #カラーミーショップ大賞2017
satoshi_onishiさん(@wrd4th)がシェアした投稿 – 2017 5月 23 3:15午前 PDT
・ この度はたくさんの おめでとうメッセージをありがとうございました!!! 受賞も嬉しかったですが、皆さまのお祝いのコメントと反響の方が受賞よりも嬉しかったです!!! ・ ・ 写真は一緒に記念撮影した 「わざわざ」さん @wazawazapan すっごいオンラインストアなんだよ!ってお話だけ聞いていて、初めてお会い出来たのが このカラーミーショップ大賞2017の受賞式。一緒に優秀賞を受賞出来たことが夢のようでした! ・ 私たち「のはら農研塾」は他の受賞されたショップの方々とはまだまだ比べ物にもならない小さなショップですが、「活動指針をまっすぐに伝えるサイトデザインと写真に加え、Instagramを中心とした継続した発信活動、熊本地震を乗り越えてなお躍進し続ける日々の運営努力を高く評価していただいての受賞」となりました。 今の私たちには何よりも嬉しい受賞内容でした。 ・ オンラインストアだと顔が見えない、声が聞こえない、私たち生産者がどんな思いで作物を作っているのかとか、これまでのストーリーを大切にしている私たちにとっては、一方的な発信になりがちなSNSでどんな風に捉えられるのかはとても不安でした。だからこそ、私たちの思いや日常、仕事内容を自然にそのまんまさらけ出して発信することが私たちの人間性をわかっていただける一番の近道だと思っています。 熊本地震後、いかなる時にも何よりも人と人とのつながり、コミュニティが大切だと実感しています。 食べていただいて嬉しい、ありがとうの思いが、今ではお客さまから美味しかったよ!美味しいものを作って届けてくれてありがとう!という言葉で返ってくる。本当に嬉しいです!そんな方々と嬉しいご縁でつながっていく日々を、これからも大切に、感謝を忘れないで、誠実に仕事をしていきたいと思います。 ・ 最後に 「わざわざ」さんとの記念撮影では またもや、のはら家カメラを向けられると何かしらのポーズをとってしまいますが、忘れられない私たちらしい素敵な記念写真を撮っていただきました! オンラインストアも素敵だけど、そこを運営している平田さんたちも本当に素敵な方々でした。また一緒に楽しい記念撮影ができますように☆ ・ ・ ・ #カラーミーショップ大賞2017 #優秀賞 #感謝 #わざわざ #のはら農研塾 #明日から現実に戻って頑張るぞー
のはら農研塾さん(@nohara_nouken)がシェアした投稿 – 2017 5月 24 5:19午前 PDT
■改めまして■ 名前入りのトロフィーなど頂いたのは初めてのこと。 45000店の中から選ばれた42ショップに入れたのは、おふやをご利用頂いたお客様、いつも頑張って製造や発送にあたってくれているスタッフ、オンラインショップを一緒に盛り上げてくれる方達のお陰です。投票にポチッとして下さったり、シェアして頂いたり。本当に本当にありがとうございました。 沢山の投票と励ましのメッセージ、とても嬉しかったです。 この受賞は、嬉しさと共に身が引き締まる想いで、まだまだやれる事が沢山あると感じました。 来年の入賞を目指してまた1年おふやらしいサービスを提供していけるよう、コツコツと頑張ります。 今後ともおふやをどうぞよろしくお願い致します! 伊丹大地・千尋 #カラーミーショップ大賞2017 #地域賞 #おふや www.ofuya.com
おふやさん(@ofuyasan)がシェアした投稿 – 2017 5月 24 5:21午後 PDT
最近、Youtuberとして活動をはじめた社長が動画をアップしているのであわせてご覧ください。

この記事をシェアする。

ストレングス・ファインダーの活用事例をカンファレンスで聞いてきた。

ギャラップ社主催のストレングスカンファレンス2017に参加してきました。
 
ストレングス・ファインダーを知らない方向けの簡単な紹介
さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0
書籍を購入すると、強みを「見える化」してくれるツール〈ストレングス・ファインダー〉のテストを受けます。テストを受けると自分が持っている資質と資質ごとの「強みの活かし方」を知れます。
巷で流行っており、最近2.0版が出版されました。
 
 
カンファレンスに参加してきた理由
社内のHR統括部人事企画ミッションが「事業とパートナーの有機的成長の実現」 ※パートナー=社内のスタッフです。
ビジョンが「ひとりひとりの強みを伸ばし💪 組織をより強く。」であり
 
事業運営と部門の組織作りを担当する私の、今年度の組織作りのテーマは以下になります。
 
🔥チームひとりひとりの強みを伸ばし
💪個人の成長機会を支援する。
👯最高のチーム、強い組織を育て
🚀圧倒的事業成長を目指します。
 
 
先月から、スタッフの強みに気付くきっかけ作りとして、社内の全スタッフを対象に、ストレングスファインダーのテスト費用を会社負担で任意で受けれるようになりました。
自部門でも現在3割くらいのスタッフがストレングス・ファインダーのテストを受けていますが、テスト結果を踏まえてその後のアクションプランに落とし込むところまでは至っておらず、何か参考になる情報があればと思い、今回カンファレンスに参加してみました。
 
 
カンファレンスの構成
 
13:30-14:00 基調講演「強みを活かした組織」ギャラップ社会長兼CEOジム・クリフトン
14:00-14:15 「クリフトン・ストレングス」について ギャラップ社シニア・アドバイザー竹田弘明
14:15-14:30 休憩
14:30-15:30 パネルディスカッション
15:30-16:00 Q&A
 
 
以下、セッションの中から印象に残った話を抜粋しています。
 
 
ジム・クリフトンさんのセッション
 
調査した結果、職場で働く人のニーズが変化している。
 
過去(ジム・クリフトンさん65歳の世代) →これから(ミレニアル世代) がそれぞれ大切にしている価値観
 
 
給料  →目的
満足度 →成長
上司  →コーチ
年次評価 →継続的会話
弱点  →強み
仕事  →人生
 
これからの世代の人の価値観は過去の人と異なる。
結婚する年齢は上がり、結婚をしない人も増えた。子供を持たない人も増え、仕事に人生の価値をおいている人も増えている。つまり仕事に意義を見出せなければ、人生が無意味になる
 
強みを活かすことにフォーカスしている人は、仕事にエンゲージメントしている確率が6倍高い。
 
以下の記事でジム・クリフトンさんのお話の内容を知れます。
アット人事 ミレニアル世代はいかに職場を変えたか―米ギャラップ会長
 
 
ギャラップ社 竹田弘明さんのセッション
 
・強みとは、特定の作業において、ポジティブな結果を一貫してほぼ完璧に生み出す能力。
・弱みにいくら投資しても、強みにすることは難しい。自分の資質に投資をして強みを伸ばす。
 
 
パネルディスカッション
 
日本ストライカー/ヤフー/KDDI/SMBC/ギャラップ社で、人事やコーチングを担当している方がパネラーでした。
 
同じ業界のヤフーIさんのセッションが特に印象に残りました。
※ネット上で社名とお名前を公開されていないかもしれないのでイニシャル表記にさせていただきます。
 
ヤフーの Iさんのセッション
 
ヤフー社員数 5826人に対し、ストレングスファインダーは3,000人受講。
 
社内で活用が広がった理由
  * 人財開発企業という方針
  * 自己申告型の異動制度(ジョブチェン)にからめて、無償で利用できるようにしたところ流行った。
  * 社内コーチ制度でストレングス・ファインダーを活用できるようにした。
  * 管理職向け、全社員向けに研修も実施。
  * 各部門で活用 (人事が広めたのではなくて、各部署が広めている)
 
チームビルディングでの活用
メンバー同士で資質を指摘し合う。他者に指摘してもらうことで、より意識化されやすい
 
1on1での活用。
部下の成長のために上長がアクション提案
 
以前はエンジニアとしてコーチングを担当、現在は人財開発選任のポジション。
ストレングスコーチとして
  * 気軽に相談できる場所を提供
  * 社員個々(ここ)の資質の理解度を高める 1on1セッションを毎月先着で提供。
  * 同じ資質を持っている社員を集めた会を提供。
 
 
 
パネルディスカッションで、特に印象に残った話を抜粋。
 
発言者の方が不明の状態ですが、ご了承ください。
 
・弱みに視点がいきがちの人がいるが、強みに意識をもってもらうことが大切。
・褒められたり、良い事を伝えられて嫌な人はいない。
 
・目的を意識、何のためにやるのか?がないと、やっただけで終わる。
・やりっぱなしではなく、テスト後の運用も合わせて考えた方が良い。
 
・資質にあるもの以外に、その他の要因、例えば上司との相性、経験、ポジションが組み合わさり、強みになる。資質がそのまま強みになるわけではないので、配置等で強みを活かせることをマネジメントする方が考えていく必要がある。
 
・ストレングスファインダーを使い始めた頃、信頼関係がない状態で資質で決めつけたり、レッテル貼りをすると、マイナスになる。
・テスト結果を相手との会話のツールにまず使ってみるとうまくいきやすい。 
 
・1.0と2.0の違い、2.0の方はアクションプランに落とし込みやすい内容になっている。
 
以上
 
登壇されていた皆様、参考になるお話をありがとうございました。
 
 
 
以下、カンファレンスに参加してみた所感です。
 
今回登壇されていた会社はどの担当者さんもコーチングやスタッフの育成に力をいれており、ストレングス・ファインダー以外にも様々な形で人材育成に取り組んでいる。
ストレングス・ファインダーもテストをするだけではなく、結果をスタッフと上長との対話や、育成のためのきっかけのツールの1つとして活用している。
上長や会社からテストやってみてという指示だけ出して、スタッフがやってみただけで終わってしまうケースも想定できるし、テストの結果が、その人の資質や特性の全てではないので、マネジメント側がツールとして活用して、その後面談等での対話を経て、特性を活かせる業務の割り振りや育成に常に関心をもち、強みとして業務に活かせるようになるために、継続的に人材育成に取り組んでいくことが大切。
 
ヤフーさんでは、全社員数の半分以上がストレングス・ファインダーを受講し、様々な形でその後のアクションに結びつけていて継続して実施されていることから成果がでている印象でした。
同じ強みの資質を持っているメンバーを集めた会は、自分の資質の理解度高めたり、強み活かす方法を考えるだけではなく、キャリアを考えるきっかけ作りにとても良さそうなので真似させていただきます。
 
 
私のストレングス・ファインダー結果は以下になります。
 
個別化
親密性
分析思考
最上志向
アレンジ
 
同じ資質を持っている人でランチ行ってもいいよという方が周りにいたら、その資質を持った人を誘うランチを開催してみるので、お声がけください!
 
 
 
 
追記
minne事業部の部長 阿部のブログで、僕よりも詳しく当日の話が紹介されているのであわせて、そちらも読んでいただくとストレングス・ファインダーの活用事例を知れると思います。
ストレングス・カンファレンス2017に参加してきた話
 

この記事をシェアする。

最高のサービスを作っていくぞ!!という想いを込めて採用情報大幅更新!

GMOペパボで「カラーミーショップ」「SUZURI」等を運営しているEC事業部で、幾つか新しいポジションの募集を開始しています!!
 
 
募集している職種
EC事業部 基盤エンジニア (正社員)※新しいポジション
カラーミーショップ ソフトウェアエンジニア (正社員)
カラーミーショップ QA担当者 (正社員) ※QAテスターの募集は初
【6/30締切】ペパボカレッジ第5期生 (正社員、第二新卒者向けエンジニア採用) ※EC配属は1年ぶり2回目
 
EC事業部 プロダクトマネージャー (正社員) ※プロダクトマネージャー採用は初
カラーミーショップ ディレクター (正社員) ※久々の増員
 
カラーミーショップ デザイナー (正社員)
 
カスタマーサービス (正社員)
カラーミーショップ カスタマーサービス (アルバイト)
 
SUZURI ソフトウェアエンジニア (正社員) ※久々の増員
SUZURI iOSエンジニア (正社員) ※iOSエンジニア採用は初
 
コーポレート採用リクルートページはこちら
 
 
4月から育休から復帰したシニアデザイナーや他社EC業界で大活躍していた新しいスタッフも加入し、チームの勢いも四半期毎くらいのペースで加速していますが、今後中長期を見据えて「インターネットで売りたい人と買いたい人をつなげる。売る人の可能性をひろげる。売れて嬉しい、買えて嬉しいという体験を増やす。」というGMOペパボEC事業部ミッションの下、さらに売る人と買う人の数を伸ばし、販売と購入体験を増やしていけるような新規サービスも現在検討中です。
 
「カラーミーショップ」をはじめ、EC事業全体にご興味を持っている方、ユーザーに最高のサービスを提供するために立ち上げから継続的な改善などを一緒にできる方、日々より良い開発やサービス運営をしていけるようチーム力のアップ、組織の生産性向上等、様々な課題に一緒に取り組んでいっていただける方からのご応募をお待ちしております!!!
 
 

この記事をシェアする。

Amazonプライムビデオの「東京女子図鑑」

Amazonプライムに加入していると無料で観れるプライムビデオの中で面白かったドラマ「東京女子図鑑 」。
 
東京女子図鑑 Amazonプライムビデオのページ 
 
2015年秋頃にウェブ上で話題になった東京カレンダーの連載のドラマ版です。
 
現在エピソード8までの放送(週1更新)で、ウェブの連載記事の個々の話しをもうちょい広げた内容となっています。
三軒茶屋の馴染みがある風景がでてきたりしたのも面白かったです。エピソードで出てくる恵比寿、銀座、豊洲エリアに馴染みがある人にも面白いかも。
 
三軒茶屋のシーン
 
 
 
 

この記事をシェアする。

2017年抱負 色々挑戦!

気付いたらもう1月20日だった!
 
2017年の抱負は、色々挑戦! 
 
 
16年の抱負振り返り
16年の抱負は "三方良しマネジメント"で成果を残す でした。一昨年の自分レベルと比較すると多少はマシになったのではと自己評価しています。(三方とももっと上手くやれる方法はあったけど)
三方良しマネジメントの考え自体はこの先もずっと大切にしていきます。
 
 
17年は何を大切にしていこうか?
昨年1年で、自分が管理している組織の力がだいぶ高まってきていて、僕がいなくてもミドルマネジメントのメンバーが非常に頼りがいがあるので、彼・彼女達がいれば安定感をもって事業成長できる組織になりました。
※12月に海外旅行に行ったり私用が色々あったりで、営業日の半分くらいしか出社しなかったのですが、自分がいなくてもサービス運営の支障が0でした。
 
いなくても大丈夫になってしまった自分が次にやるべきことは、長期的視点で事業と組織の成長角度をもっともっと伸ばしていくことであり、そのためにも、色々な挑戦が必要だと感じています。
 
色々挑戦するためにも、自分のレベルをもっともっと上げていきます!
 
 
 
プライベート
 
昨年結婚しました!
結婚前から日々楽しく過ごしていましたが、結婚してから大切にしたい事の価値観が変わったりしました。
みんな知ってる当たり前のことだけど、「家族」って凄い、「家族最高!」と思って日々楽しく生きています!
17年も楽しく生きていくぞ!

この記事をシェアする。

SUZURIで購入したアイテム 16年12月

SUZURIで購入したアイテム
 
ヒキノ ユウジ ( @suhama_ja )さん の【life landscape】タオルハンカチ。購入したのが届きました。https://t.co/u2V4Gciho3 #suzurijp pic.twitter.com/I5o6f26hmR
— 安宅(あたか) (@atakaP) 2016年12月25日
少し前にiPhone7に機種変したので購入。松岡マサタカ  ( @masatakamatuoka ) さんの【ひらがなの勉強】iPhoneケース https://t.co/AKrNHXjAtu #suzurijp pic.twitter.com/gV90OFJn7z
— 安宅(あたか) (@atakaP) 2016年12月25日
 

この記事をシェアする。

個の強みを褒めて伸ばし事業・組織を成長させる褒めるマネジメント

 
この記事は、Pepabo Managers Advent Calendar 2016の7日目の記事です。 6日目は、minneの副部長・エバンジェリストのあべ君の「後発サービスが国内No1に成長した理由」でした。
本日は、ペパボEC事業部で、ネットショップASP「カラーミーショップ」、ウルトラライトEC「SUZURI」の事業責任者/マネージャー等をしている安宅が、スタッフの強みを褒めて伸ばして事業と組織を成長させる褒めるマネジメントに関して最近考えていることを書きます。
 
 
■きっかけ
 
最近、社内のマネージャー、リーダー間で「チームや組織が小さい間はジェネラリストとして動ける人が必要だが、組織の人数が増えてくると専門性やそれぞれ個人の特性を活かした人材配置を考える必要が出てくる。」
「うちの会社って以前は褒める文化があったけど、最近薄まってきたかもしれない。」といった話をすることがありました。
また、チームのスタッフとのミーティングの場で「Aさん(スタッフ)はこの領域が得意で、より挑戦したいみたいなので、Aさんはここを担当して、私は別の領域に挑戦しようか。」
「もっとチームをポジティブにしていくために褒め合って仕事していったら良いのでは。」といった話があったりして、スタッフの強みを活かすために褒めるマネジメントを実践していくことが良いのでは?と考える機会が何度かあったので、考えたことを自分なりにまとめてみます。
 
 
■自分の強みは人に褒められて気付く場合がある
 
先日、僕が管理しているチームのリーダー(新卒入社5年目)と、後輩スタッフB(新卒入社2年目)と飲んでいた時に、リーダーが後輩に対して、「自分の強みは他者とリレーションを作れるところだけど、自分が2年目の時は、B程上手にできなかったので、そこはBの強みだから自信持っていいよ!」と言っていたのを聞き、「良いこと言うな!」と思いました。
その後色々話す中で、そのリーダーが自分の強みに気付けたのは、面談の場で僕がリーダーに対して、リーダーの良い行動面を幾つか伝えたのも自分の強みに気付いたきっかけの一つになったと言われて、先輩から後輩への褒めのポジティブサイクルが生まれている! 自分も率先してスタッフみんなの良いところを伝えていこうと思いました。
自分自身も過去に上司やスタッフから褒められて、自分の強みに気付きその領域を磨いたり、得意領域が求められる場面で、意識して行動してきた部分もあるなと振り返りました。
 
自分の強みは人に褒められたり指摘されて気付ける面もあるため、そのような褒めを無意識に進めるのではなく、意識的に褒めて褒められの文化を作ることで、個人の強みを伸ばせれば組織や事業の成長スピードを増すことができるのではという考えが強まりました。
 
 
■成果やスキル以外の個人の特性にも組織成長に貢献できるポイントはある。褒めるマネジメント
 
成果やスキルは評価をする上で上司や他者に認められる場面も多く、それらを褒めの材料にするのはやったら良いのですが、成果やスキル以外の、なかなか評価されにくい個人の特性にも目を向けていった方が良いのではと考えています。
例えば、ざっと上げてみると
後輩頼られ力…後輩の面倒見がよく、困っている後輩を助け、育成支援することができる。
周りへの良い影響与える力…プロジェクトの意義をポジティブに捉えチーム全体のやる気を高めることができる。困ってる人を積極的に支援できる。
柔軟性…組織や世の中の環境の変化に対して、前向きに適応できる。他人の考えや意見を受け入れ自分の行動を変化することができる。
組織改善力…試したことを検証できる。計画→実行→検証→仕組化のサイクルを回し、個別のイレギュラーだったものを仕組み化して改善することで組織のレベルを上げられる。
目標達成と問題解決…目標達成のために最後まであきらめずに、あらゆる手段を尽くし、やりきることができる。逆境や問題に立ち向い、解決できる。
顧客視点…顧客の期待に応える対応ができる。期待以上の感動を提供に常に挑戦する。
 
※一部「評価基準」で紹介されていた基準を参考にしています。
 
上記のような力を持っているキーマンがいることで、チームの発展に良い影響を与えて、組織を大きくすることも可能だと考えています。
そのような事業を成長させたり、組織に良い影響を与えられる人の特性については、マネージャーが理解を示し、スタッフの良いところを見つけて、本人に何故それが良いのか?凄いのか?を具体的に伝えることも大切です。
また、マネージャーのみでできることは限られるので、チームに関わる皆でやった方がより効果的だと考えています。
マネージャーやリーダーだけではなく一緒に働くチームのメンバーの中で、後輩を育てることや、組織をよくしたいと行動することに積極的な人の意見を聞き、良い提案を実践できる環境を作っていくことで、個々の強みを褒めて伸ばす空気みたいなのができて、褒めるマネジメントを実践していきやすくなるかと。
 
 
■褒めの方法
 
うちのチームのメンバーや自分が実践している褒める方法に以下のようなものがあります。
目標管理の面談で直接褒める。
社内ですれ違った際に直接褒める。
社内のツール上のコミュニケーションで褒める。
チームのメンバーでドラッカー風エクササイズ等の褒めに繋がる会を開催する。
社内メンバーが集まる飲み会等で、褒めタイム(お互いの良いところを言い合う)を開催する
人づてに間接的に褒める。また間接的に周りに褒められていることを本人にも伝える。
 
■まとめ:褒めて強みを伸ばした組織の先に
 
 
マネジメントとは、企業・事業の目標を達成するために、ヒト・モノ・カネ・情報の経営資源を、効果的に分配し成果を伸ばすことであり、マネージャーの役割は、事業の伸びしろを見極め、伸びしろに対して経営資源で最も大切な“ヒト”をアサインし、戦略と施策を効果的に進めて成果を出していくことです。
事業を成長させることができれば、組織の人員を増やし、更なる事業の伸びしろ・新しい可能性に投資していくことが可能となり、それぞれの個性や強みを活かした仕事や役割を任せることができようになります。
そのためにも、チームの中で誰がどんな仕事や役割が得意で、どんな特性や強みがあり、どんな課題に対して挑戦したいのかを把握することからはじめて、機会があれば積極的にアサインしていくことを意識的にする必要があります。
褒めて褒められ、強みに気付く。→ 個人の強みを活かして成果を出す。 →新たな事業成長に繋がる伸びしろを作る。→ さらにヒトや経営資源を投資し、事業・組織を成長させる。 といったポジティブサイクル(以下イメージ)を作っていきたいものです。
 
 
 
 

この記事をシェアする。

宴会お楽しみコンテンツ スーパーアタカクイズとは?

SUZURIで購入したアイテムが届きました。
 
ステッカーは自分用で、その他のアイテムは先日、会社メンバーとのプチ旅行にいった際に、宴会のお楽しみコンテンツとして用意したスーパーアタカクイズ優勝チームメンバーの賞品です。
 
スーパーアタカクイズとは?
 
インターネットにある情報を素材として、お題を出す。
複数人で10分程度考えて、答えを発表。
答えのポイントを競うクイズ。
 
今回のクイズのお題とルール
 
・複数人でタッグを組む。 → 今回は5人程度×5チームでした。
・主催者がお題を出す。 → 先日の旅行のお題は「YouTubeで再生回数の多い邦楽アーティストを5組挙げよ。」でした。
・お題に対して、10分程度チームで議論し、回答をデッキにセットする。(スケッチブックにアーティスト名を書く行為をカッコよく言いたいのでデッキにセットって言ってた。)
・再生回数の多いアーティスト30組程度を、ランキング下位から順番に発表。 ※今回のお題の回答はこのまとめを参考にした。
・自チームがセットしたアーティストがランクインしていたらポイントGET。 → 今回のポイントはYouTube再生回数をそのままポイントとした。
・他のチームとデッキにセットしたアーティストがかぶっていたら、その瞬間バトル発生。
今回のバトルはチームの代表者による「にらめっこ勝負」。にらめっこバトルに勝ったらポイントGET。
 → 今回のお題だと、AKB48というような回答だと複数チームが回答することが予想されるので、あえてはずして他チームが出してこ無さそうなアーティストをあえて選ぶか、バトル臨む前提で人気アーティストを選ぶか?もチームで議論して決めてもらいます。
 
上記のルールと流れを事前に伝えて、クイズバトルに挑んでもらいました。
宴会場にマイクと舞台があったこともあり、期待以上に盛り上がったので嬉しかったです。
 
 
当日やらなかったけど、他に用意していたお題
 
・歴史上の人物 人気者ベスト3 …死後100年以上経過している人物。
競うポイントは、日本語で検索した場合の、Googleの検索ヒット数。またはwikipediaの人物紹介ページの文字数をポイント化し合計ポイント数で競う。
以前、日本で影響力ある人というお題で、Google検索結果数で競ったことがあったが、最近ニュースになっている人だと極端に検索ヒット数が上がるので、そのGoogleロジックを事前に説明しておかないとロジック知ってる人、知らない人で不公平になる。
 
・音楽系 売れたCD5枚挙げてもらう。CDの枚数をポイント化(平成生まれだと着うた世代なので向いてない)
 
・ミュージックステーションとかの日本に最も影響を与えた曲。 ベスト1位を100点、100位を1点。101-ランキング数をポイント化。(最近テレビで放送されたランキングだとテレビ見てる人が有利)
 
 
 
今後やってみたいクイズ 
 
30分以上かけて、もうちょい議論する必要があるお題、例えば 日本の大企業30社くらいの30年前くらいの株価とその後の変動を調べておいて、30年前の株価に対して、100万の持ち資金を分配して投資してもらって、10年後、20年後にさらに投資、現在でいくらになっているか?を予想して競う。とか
 
答えがネット検索しても見つかりにくいお題で、ウェブページ100ページまで閲覧しても良いので、答えに早く辿りつく知識と検索リテラシーを競うクイズ。とかを企画してみたいなーと思っていたり
 
 
 
 
おまけ
 
SUZURIで購入したアイテム一覧です↓
 
 
!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=”//suzuri.jp/thirdparty/widgets.js”;js.charset=”utf-8″;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,”script”,”suzuri-widget-script”);
!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=”//suzuri.jp/thirdparty/widgets.js”;js.charset=”utf-8″;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,”script”,”suzuri-widget-script”);
!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=”//suzuri.jp/thirdparty/widgets.js”;js.charset=”utf-8″;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,”script”,”suzuri-widget-script”);
!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=”//suzuri.jp/thirdparty/widgets.js”;js.charset=”utf-8″;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,”script”,”suzuri-widget-script”);
!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=”//suzuri.jp/thirdparty/widgets.js”;js.charset=”utf-8″;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,”script”,”suzuri-widget-script”);
!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=”//suzuri.jp/thirdparty/widgets.js”;js.charset=”utf-8″;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,”script”,”suzuri-widget-script”);
!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=”//suzuri.jp/thirdparty/widgets.js”;js.charset=”utf-8″;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,”script”,”suzuri-widget-script”);
!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=”//suzuri.jp/thirdparty/widgets.js”;js.charset=”utf-8″;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,”script”,”suzuri-widget-script”);

この記事をシェアする。

社内の人とのプチ旅行 ペパストック

9月頭に、会社のスタッフ25人くらいで伊東の貸し別荘みたいなところにプチ旅行にいってきました。
かれこれ5年以上毎年春か秋に一泊二日のイベントを開催していて一昨年は山中湖の近くの貸別荘で野外フェスっぽいセットを組んだのでペパボのウッドストックということでペパストックという名前になりました。去年は那須、今年は伊東の貸し別荘にいってきました。
 
 
1日目は宿舎でBBQ、焚き木、卓球したり
 
CAMP VIBES😎🌴🍉 #ペパストック2016 #summertime #pepabo4life
佐山祐太 / SAYAさん(@sayama_yuta)が投稿した写真 – 2016 9月 3 1:58午前 PDT
週末はペパボメンバーで恒例イベントになってるペパストックをやってきました。唄ってBBQして焚火して語り明かして海入って、と楽しい二日間でした。 来年もみんなで楽しく行けるように頑張ろう。 #ペパストック2016 #ペパボ #アウトドア
Kentarow Satoさん(@kentarow)が投稿した写真 – 2016 9月 4 5:33午前 PDT
宿に宴会場があり、カラオケができて良かったです。
観客が少ない pic.twitter.com/yMs22gAkJV
— 安宅(あたか) (@atakaP) 2016年9月3日
 
スーパーアタカクイズというコンテンツを準備していったのですが、少し盛り上がって嬉しかったです。
 
 
 
2日目は海で遊びました。
 
 
 
人生初のバナナボートも楽しみました。
バナナボートいってらっしゃい!(この後転覆した) #ペパストック2016
Akane Yamarinさん(@getsukikyu)が投稿した写真 – 2016 9月 3 9:25午後 PDT
 
転覆した後、海でくらげに刺されました。
石飛監督の演技指導 #ペパストック2016
Akane Yamarinさん(@getsukikyu)が投稿した動画 – 2016 9月 3 8:18午後 PDT
 
 
とても楽しかった!!
幹事してくれた若手ありがとう!!!
 
来年もまたどこかに遊びに行きたい!
 
 

この記事をシェアする。

SUZURIに「ステッカー」追加!

SUZURIに、新アイテム「ステッカー」が追加されました!
 
 
 
画像をアップするだけで、簡単に型抜きステッカーを販売できます。
 
塩ビ素材でPCに貼っても剥がす時苦労しません。1枚から購入可能なので、サービスのロゴステッカー少量欲しい!という時などにもご利用ください!
ステッカーについて
https://note.mu/suzurijp/n/ne8dea05458c3
1枚・386円(税抜)
※リリース記念 お試しキャンペーン 9月8日(木)マデ、1枚269円
 
 

この記事をシェアする。

カラーミーショップ大賞2016 授賞式を開催しました!

5月13日にカラーミーショップ大賞2016の授賞式を開催しました!
受賞ショップ発表は特設サイトをご覧ください!
大賞を受賞されたのはびっくりカーテンさん
こんにちは!びっくりカーテンです!本日、カラーミーショップ大賞で、なんと!!大賞を受賞することができました(T . T)。。応援していただいた沢山のお客様に心より感謝致します!本当にありがとうございます! pic.twitter.com/EqwHyOjMKJ
— びっくりカーテン (@bicklycurtain) 2016年5月13日
さっそくネットショップ上にも特設ページを作ってくれています。
びっくりカーテンさんの大賞受賞 特設ページ
ShoppingTribeさんにびっくりカーテンさんのインタビューが掲載されています。
「びっくりカーテン」が大賞受賞 ー カラーミーショップ大賞2016発表 | Shopping Tribe https://t.co/wU6eGvGJ8C
— Shopping Tribe (@s_tribePR) 2016年5月16日
その他、受賞ショップさんや式に参加されたネットショップ制作者さんがツイートやブログで受賞のことを紹介してくれていたので一部紹介しておきます!
授賞式に参加いただいたショップさんのブログ
うなぎの寝床さん 【考えた事】カラーミーショップ大賞 にっぽん文化奨励賞受賞して 考えたこと
わざわざさん mylife
「肌とココロを愛おしむ布ナプと肌着marru マアル」代表naoさんの日記
BALANCE STYLEさん  カラーミーショップ大賞2016「優秀賞」を受賞しました!
FORSLAG DESIGN さん BLOG ご報告
授賞式に参加いただいたショップさん、ショップの制作者さんのtwitter、Facebook、Instagram
 
5/13(金) #カラーミーショップ大賞2016 優秀賞をいただきました!20年ぶりの東京は地獄のような暑さでしたが、会場では天国にいるような心地良さでした(^^ゞ たくさんの方とお会いできて嬉しかったです!ありがとうございます♪ pic.twitter.com/Xdqvf96ud8
— カニの浜海道オンラインショップ (@hamakaido) 2016年5月15日
#カラーミーショップ大賞2016
皆さまからの一般投票による得票数の多さも審査基準のひとつとして、
大きく取り上げて頂きました!
こちらは受賞式の模様になります!https://t.co/6HIEiKC8OW pic.twitter.com/9vkz0Fx0Gr
— MRC (@JUNYAMORISHIMA) 2016年5月16日
この度、ネットショップのコンテスト「カラーミーショップ大賞2016」にて、弊社のサイトがフード部門で「ジャンル賞」を頂きました!
応援してくださったみなさま、誠にありがとうございます!!!
今後とも貴千をよろしくお願い致します。 pic.twitter.com/wAtb3cZJPw
— かまぼこの貴千 (@kisenkamaboko) 2016年5月14日
#カラーミーショップ大賞2016 、優秀賞をノヴァセレクトとEDIT LIFEの2サイトで授賞しました!
今回応募した両方を選んでもらえて光栄です。
関係者ならびに応援してくださったみなさま、ありがとうございました! pic.twitter.com/vZAnbgyC8F
— 唯木友裕 (@tadakitom) 2016年5月13日
全国6万店以上のネットショップの中からNo.1を決める年間最大のコンテスト「カラーミーショップ大賞」にて、
榛原オンラインショップが「ジャンル賞 雑貨部門」を受賞しました。
応援してくださった皆様、本当に有難うございました。https://t.co/oDRq8534GR
— 株式会社 榛原 (@Haibara_est1806) 2016年5月16日
カラーミーショップ大賞2016「優秀賞」を受賞しました!
本当にたくさんの方にご協力、応援を頂きまして本当に有難うございました!#カラーミーショップ大賞2016 #バランススタイルhttps://t.co/0evc3kJKON pic.twitter.com/JU38RMSYiq
— バランススタイルBALANCESTYLE (@balancestyle) 2016年5月15日
くろ玉の澤田屋さんがカラーミーショップ大賞でおやつ部門賞(苦笑)いただきました!これを機にたくさん売れますように。
Keita SUZUKIさん(@travelinglight)が投稿した写真 – 2016 5月 13 3:14午前 PDT
\\ 速報 // ・ 《モグックが最優秀新人賞を受賞!!》 ・ ネットショップのシステム、カラーミーが選出する『カラーミーショップ大賞2016』で、mogcookが最優秀新人賞を受賞しました!!! ・ 応援してくださっているモグックユーザーの皆さま、SNSのフォロワーの皆さまのおかげです。いつもありがとうございます! 今後ともよろしくお願いいたします! #カラーミー #最優秀新人賞 #mogcook #babyfood #離乳食レシピ #離乳食 #離乳食通販 #通販サイト
mogcookの離乳食レシピさん(@mogcook)が投稿した写真 – 2016 5月 13 1:01午前 PDT
渋谷のセルリアンタワー東急ホテルにて行われたカラーミーショップ大賞2016にてkusafune.comがジャンル賞をいただきました。いろんな方々と交流ができて良い時間になりました。カラーミーのスタッフの皆さんが楽しくていい方ばかりでした。ホントにありがとうございました。#カラーミー #カラーミーショップ大賞
山中 崇史さん(@web_homemade)が投稿した写真 – 2016 5月 13 9:38午前 PDT
 
【カラーミーショップ大賞2016 ジャンル賞受賞のご報告】 こんばんは、森下のジーザスことsnugのKADOです。 去る5月13日(金)セルリアンタワー東急ホテルにて行われた『カラーミーショップ大賞2016』の授賞式に出席してきました。 GMOペパボが運営するネットショップ構築サービス「カラーミーショップ」を利用する全国6万店舗の中から、デザイン、販促、PR、ファン投票など、様々な角度から審査を行い、年間No.1を決めるコンテスト。 snugのオンラインショップは、光栄にも41ある賞の中からジャンル賞 アパレル部門を受賞することができました。 これもひとえに当店を支えてくださるお客様や友人知人、カラーミーショップのスタッフの皆様、そして何よりいつもそばにいてくれる家族のお陰によるものと深く感謝すると共に、更新作業および商品撮影のため毎晩遅くまで仕事をしている一番の功労者“自分”に「おつかれさま!」と一言言ってあげたいと思います(笑) この受賞を機に、より一層お客様と距離感の近いネットショップ運営およびサイト作りを目指してまいりますので、今後も実店舗共々よろしくお願いいたします。 ☺snugオンラインショップ☺ http://snug-clothing-store.com/ ▼カラーミーショップ大賞2016 結果発表▼ https://award.shop-pro.jp/2016 #スナッグ #snug #letshavefun #東京 #江東区 #森下 #深川 #清澄白河 #三好 #平野 #木場 #ファッション #fashion #カジュアル #casual #レディース #ladies #キッズ #kids #メンズ #mens #雑貨 #ライフスタイル #lifestyle #カラーミーショップ大賞2016
snug(スナッグ)さん(@snug_clothing_store)が投稿した写真 – 2016 5月 16 4:49午前 PDT
皆様に喜んでいただけたことと、普段直接お話しする機会がなかった多くのショップオーナー様と交流できて、開催した我々も嬉しかったです。
カラーミーショップ大賞の目的や我々スタッフの想いは、カラーミーショップ大賞 プロデューサー佐山がブログに書いているのでそちらをご覧ください。↓
SAYA'S DIARY カラーミーショップ大賞2016 授賞式を終えて
今回、各賞を受賞をされたショップさんは勿論、一次審査を通過したノミネートショップさんの中にも大勢の魅力的なショップさんがおりました。
審査をする中で、全てのノミネートショップさんを拝見させていただきましたが、ネットショップでの活動、カラーミーショップ大賞参加の意気込みにショップさんそれぞれの様々な想いを感じました。
またショップさんを応援・投票しているファンの方(購入者さん)をソーシャル上で多数拝見し、多くのファンに支持されている魅力的なショップさんがたくさんいること、そのようなショップさんに支えられてカラーミーショップというサービスが成り立っていることを改めて感じました。
今回、カラーミーショップ大賞にエントリーしていただいた皆様、本当にありがとうございました!
 

この記事をシェアする。

中村佑介さんの九州震災募金グッズ

イラストレーター中村佑介さんの九州震災募金活動に、SUZURIを使ってもらっています。
【中村佑介|九州震災募金グッズ】販売開始しました⇒https://t.co/3UFfsVInKE 6/1(水)までの1ヶ月間限定。受注生産につき期間内の売切はございませんので、ごゆっくりお選び下さい。がんばる、ニッポン。#拡散希望 pic.twitter.com/dj1cKROfgy— 中村佑介 Yusuke Nakamura (@kazekissa) 2016年5月2日
本日よりグッズ販売開始しています!

この記事をシェアする。

スリスリくんのおこづかいを九州へ!

SUZURIが、九州の震災復興支援のためにできることとして、SUZURIクリエイターの皆様のグッズ販売を通じて、スリスリくんのおこづかい分を、熊本地震義援金に寄付することにしました。
いざ震災者・被災地支援!SUZURIでのお買い物が寄付になる!スリスリくんのおこづかいを九州へ!
 
◆対象期間
4月20日(水) 〜 5月10日(火)
◆寄付金額・寄付先
対象商品【ご購入1点につき 300円】を、SUZURIが熊本地震義援金へと寄付いたします。
また、今回寄付とは別で、イラストレーターの中村佑介さん ( @kazekissa )がSUZURIで以下のような震災募金活動をされる予定です。こちらも楽しみにしています。
【中村佑介|震災募金グッズ】現時点での候補まとめ。あと数個追加予定。販売はSUZURIにて1ヶ月のみ。利益は全額震災募金へまわします。詳細は近日。(※iPhoneカバーは5/5s、6/6s、6Plus/6sPlusに対応) pic.twitter.com/oaj6R5W4aR
— 中村佑介 Yusuke Nakamura (@kazekissa) 2016年4月19日
【震災募金マグカップ】予価1200円(※利益310円を全額募金)SUZURIにて近日発売 pic.twitter.com/TJKv8MvFKn
— 中村佑介 Yusuke Nakamura (@kazekissa) 2016年4月18日

この記事をシェアする。

オタクランチ「好きなキャラクターについて100個、豆知識を語れるけど、そのうち70個は妄想の設定」(ランチ活動報告)

社内のオタク活動している人たちとランチに行って、へーって思う話を聞けたので、社内にこんな人達いますよと紹介がてらブログに書いておきます。
オタクランチ
オタク活動にお金と時間を使っている人 4人にオタク活動の話を聞くランチ。
以下、2.5次元演劇オタク(女) アイドル育成ゲーム オタク(女)アニメオタ(女)デュエリスト(男)の4人が登場します。
1.2.5次元演劇オタク(女)
テニスの王子様等のスポーツ漫画の演劇にはまっている。
公演内容同じでも、20回同じ公演にいく。ボーナス全部公演に使った。
それぞれの公演で見るべき奇跡が存在する。
公演には、越前リョーマのファン
小越勇輝が演じてる越前リョーマのファン
越前リョーマ役を演じる小越勇輝ファン
小越勇輝のファン
のそれぞれのファンが存在する。
2.アイドル育成ゲーム オタク(女)
アイドルを育てるスマホゲームにハマっている。
アイドルゲーム好きでも、同じキャラを好きな人とは仲良くなれない、同担拒否という文化が存在する。
ゲームはまだ2000円しか課金していないがグッズ課金にお金つかってる。
グッズは、何が出てくるかわからないものもある、ネットで売ったり買ったりの文化もあるが、一度人の手に渡ったものは認めない人もいる。
痛バッグを作っている。
作り中のバッグの写真
凄い人になると以下のように同じキャラのグッズたくさん集めている人がいるらしい
キャラクターに注いだ愛情の強さの証明とのこと
3.アニメオタ(女)
アニメのちょっとしたワンシーンからの創作・妄想が止まらない。
例えば、弱虫ペダルを見ていて、教室で好きなキャラクターが、どこかの席に座ってたら、何でその席に座っているのか?周りの人との関係性はどうか?と妄想が爆発し、キャラクターが一人歩きする。
好きなキャラクターについて100個豆知識を語れるけど、そのうち70個は妄想の設定だったりする。
 
4.デュエリスト卒業パターン(男)
小2から大学卒業するまで、総額100万円をつぎ込んだ。
大学生の時に、気付いたら一人でデュエルをしている時があって、このままでは駄目だと思ってカードを売って卒業した。
以上
自分が知らないオタク文化に触れて、まだまだ知らない文化が世の中にはたくさんあるものだと感じました。
 

この記事をシェアする。

SUZURIでノートが販売できるようになりました!

16日からSUZURIでノートの作成・販売ができるようになりました!
早速ノートを販売してくれている方がいたので、その中から、 いいな!と思ったノートを貼り付けておきます。
 
!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=”//suzuri.jp/thirdparty/widgets.js”;js.charset=”utf-8″;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,”script”,”suzuri-widget-script”);
!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=”//suzuri.jp/thirdparty/widgets.js”;js.charset=”utf-8″;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,”script”,”suzuri-widget-script”);
!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=”//suzuri.jp/thirdparty/widgets.js”;js.charset=”utf-8″;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,”script”,”suzuri-widget-script”);
!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=”//suzuri.jp/thirdparty/widgets.js”;js.charset=”utf-8″;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,”script”,”suzuri-widget-script”);
!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=”//suzuri.jp/thirdparty/widgets.js”;js.charset=”utf-8″;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,”script”,”suzuri-widget-script”);
!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=”//suzuri.jp/thirdparty/widgets.js”;js.charset=”utf-8″;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,”script”,”suzuri-widget-script”);
!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=”//suzuri.jp/thirdparty/widgets.js”;js.charset=”utf-8″;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,”script”,”suzuri-widget-script”);

この記事をシェアする。